犬でも分かるプロバイダの契約先選び

プロバイダの契約先選びをする際のヒントとなる情報をご紹介します。
トップページ >
ページの先頭へ

WiMAXサービスを利用して思う利点は、いくつか思

WiMAXサービスを利用して思う利点は、いくつか思い浮かびます。

まず思い付くのが、モバイル通信と言う事で、任意の場所でネット通信を行なう事が出来ます。


次に、モバイルのネット通信ですから、回線工事が不要だと言う点です。そして、ネット回線工事が必要ありませんから、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。その他にも、帯域制限の規制が緩いと言う点も、WiMAXの魅力と言えます。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが展開しているWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。


So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月々500円掛かる有料サービスですから、6000円分のお得感になると言えるでしょう。


Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。


発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。



なおかつ、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

言う間でもないですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。



モバイルタイプのインターネットサービスには、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。
一例を挙げるとすれば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。
ぷららモバイルLTEの通信速度ですが、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。


そんな理由で、速度制限が無いとは言っても、WiMAXで比べると、常に速度制限状態だと言えます。WiMAXサービスの月額料金ですが、なんと、契約先により金額が異なります。具体的に言うと、Broad WiMAXの場合は初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、ずっと月額料金が割引きされます。これ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。


このように、各契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を決めましょう。
WiMAXサービスの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを行った場合は契約解除料が別途掛かってしまいます。最初の13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の契約解除料は14000円掛かり、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円となります。



ところで、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料は厳しめで、最初の25ヵ月間の契約解除料は24800円で、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円となります。だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合だと契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんから、単純にハードだとも言い切れません。WiMAXに関して調べていると、様々な意見が存在します。

具体的には、電波が全然拾えないだとか、そんな批判的な意見もあります。

ただし、WiMAX端末の新製品が定期的に発売されて環境は変化しています。


と言う訳で、実際の状況と口コミの内容は、異なる事が多いです。
口コミサイトでWiMAXについて調べる時には、いつの口コミなのかを把握しながら読む癖を付けましょう。
GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約の際に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額料金362円のサービスもあります。
Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは一体何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の運営しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。対象となるWi-Fiスポットは全国に10000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が出来ます。

Wi2エリアの中では別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した金額分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。

そんな理由で、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の種類が、他のプロバイダとは全く違います。
具体例ですが、3回線を使用するキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダにはランナップされていません。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なえば、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貯まります。
貰えたGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に利用する事が可能です。

BBウォレットの口座に現金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として利用されます。



更に、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。

URoad-Home2+はホームルータータイプ

URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末なので、バッテリーを内蔵していない為、使用用途は屋内使用のみに限定されています。ただ、可動式の高感度アンテナが外部に取り付けられていて、受信精度の高さがウリの一つとなっています。
しかも、同時に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線通信する事が可能です。また、WiMAX通信のみを利用するノーリミットモードに対応していますので、帯域制限に囚われる事なくインターネットを行なう事が出来ます。
UQ WiMAXのサービスの強みは、帯域制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。

他社のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。

可能な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう。



だけど、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。



GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なえば、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貰えます。貰えたGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が可能です。BBウォレットの口座にお金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金として使用されます。


他には、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトであるくまポンで使用する事も出来ます。

ワイマックスと言うネット通信サービスがあるのですが、このインターネットサービスは、7G制限が無く、そこが評判となっています。
そう言う点で、それなりに通信を行なうと言う方にしてみれば、最も適したモバイルインターネットサービスです。


速度制限を気にしてられないと言う方は、熟慮してみてはいかがでしょう?GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言った月額362円のオプションサービスもあります。Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。

対象となるWi-Fiスポットは全国に10

000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が出来ます。Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した金額分はGMOポイントで還元して貰えます。WiMAXサービスに申し込んだ事で、私のライフスタイルは一変しました。
最も変わったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。そんな事から、スマートフォンサイトに動画が設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせずPCのように観れるようになりました。WiMAXはサービスの契約時に料金プランを選ぶ必要があります。プロバイダにより少し違いはあるのですが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。それは、通常プランとギガ放題プランと言う料金プランです。


ギガ放題プランは月々の支払いが少しだけ高額になりますが、料金分以上に通信を楽しむ事が出来ますお得な料金プランです。
その点、通常プランは安いと言うメリットがあるものの、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。



月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。



WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。それほど長期契約期間になっていますから、きちんとしたところと契約をしたい所です。



意外と見落とされがちなところが、各契約先のサポートセンターの対応です。コールセンターの営業日が休日は非対応だったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダもありますから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。



WiMAXサービスの中において、最もサポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対する情報を最も持っていますし、トラブル時のフォローも最も早くて的確で、サポート受付け時間も最長です。

けれども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが可能です。
So-net モバイル WiMAX 2+のキャンペーンサイトへアクセスすると画面の右下に追尾型のウィジェットが表示され、一体これは何なのかとビックリしてしまう人もいるでしょう。
このウィジェットはSo-netの担当オペレーターと繋がるチャットスペースとなっていて、キャンペーンサイトを読み進める過程で疑問を覚えた部分に関して、オンライン上でオペレーターに疑問を投げかける事が出来る仕組みになっています。

通話であれこれやり取りするのが負担だと言う方であっても、チャットであればハードルが低くなるのではないでしょうか?と言う訳なので、そう言う方にとっては非常にありがたい仕組みであり、十分に納得した状態でSo-net モバイル WiMAX 2+へ申し込みを行なう事が出来ますので、契約後にしまったと思ってしまうようなミスは起こりにくくなります。

So-net モバイル WiMAX 2+

So-net モバイル WiMAX 2+の販売サイトへアクセスすると画面の右下に追跡型のウィジェットが表示され、これが一体何なのかと驚いてしまう人もいるでしょう。

これはSo-netの担当オペレーターと繋がるチャットスペースになっていて、キャンペーンサイトを閲覧する上で疑問を覚えた部分に関して、オンライン上でオペレーターに疑問を投げかける事が出来る仕組みになっています。電話であれこれやり取りするのが負担だと言う方であっても、チャットなら負担が少なくなるのではないでしょうか?と言う事で、そんな言う人にとってはとてもありがたいシステムであり、十分に納得した上でSo-net モバイル WiMAX 2+と契約を行なう事が出来ますから、サービス開始後にしまったと思ってしまうようなミスは起こりにくくなります。

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX機器です。こんなに速い通信速度を出す事が可能になる秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。とは言うものの、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。WiMAX機器のサイズは、手のひらサイズです。


そう言う事で、携帯するのに便利です。

ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みも大した事無くて、ポケットがパンパンになる事もないです。



ワイマックス対応の通信機は、スマホアプリを使用して操作する事が出来ます。

そう言う事で、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすると、二種類のキャッシュバック特典の中から好きな方を選択する事が出来ます。

一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金キャッシュバックで、もう一つのキャッシュバックキャンペーンが24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。Gポイントでのキャッシュバックの方が受け取れる金額が若干多く、早い段階から受け取れるのに合わせて、受取り損なってしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。



GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+サービスの月額料金の支払いに利用出来ますし、楽天ポイントやnanacoポイントやAmazonギフト券などの約140社のポイントに変換出来ます。ワイマックスってインターネットのサービスですけれど、このインターネット通信サービスって、通信制限の規制具合が厳しすぎない点がポイントとなります。そう言う事で、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、一番お薦め出来るモバイルのインターネットサービスと言えます。速度制限を気にしてられないと言う方は、一案として考えてみてはいかがですか?Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の二倍となる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。



4×4MIMOとはWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なうテクノロジーの事です。
このテクノロジーにより、下り最大通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsになるのです。
そして、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が可能となります。


モバイルのインターネットサービスは、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。具体例を挙げると、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。

このサービスは確かに速度制限はありませんが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。ぷららモバイルLTEの通信速度って、速度制限時のWiMAXよりも低速です。


従って、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXで言うと、常に速度制限状態だと言えます。WiMAXユーザーのメリットとしては、無線を使ったインターネットサービスであると言う点にあるでしょう。無線を介しますから、好きな場所でインターネットを行なう事が出来ます。なおかつ、WiMAX機器は小型ですので、携帯性に優れています。

そう言う部分を考慮すると、タブレットと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのも良いでしょう。
そう言う部分から、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。
WiMAXサービスは無線を利用するインターネットサービスですから、実際に使用してみないと分からないところではあります。そんな方に嬉しいサービスが、Try WiMAXと言う15日間利用出来るWiMAXのお試しサービスです。
クレジットカードの登録とアンケートに答える事が適用条件とはなりますが、申込み前にWiMAXサービスを利用する事の出来る嬉しいシステムです。サービスの使用中にUQ WiMAXからセールスの電話がありますので、そのまま申込みまで済ませる事も出来ます。

WiMAXサービスの料金プランは数種類あります。プロバイダ毎に多少の違いはありますが、大きく分けて2種類の料金プランがあります。

それは、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランは月額料金が高いですが、思う存分通信を行なう事が出来る料金プランです。その点、通常プランは安価なものの、速度制限の規制が厳しくなるので、その部分は注意が必要となります。


月にどれだけの通信量が必要かを考えながら、後悔のない料金プラン選びを行いましょう。
Copyright (c) 2014 犬でも分かるプロバイダの契約先選び All rights reserved.